虫歯になる理由

歯の健康において最も注意しなければならない身近な病気として虫歯があります。
しかし「毎日歯を磨く」や「甘いものを食べ過ぎない」と虫歯にならないように注意されることは通学している頃はありますが、虫歯になってしまう原因自体が教えられることはありません。

他にも毎日歯を磨いているのになってしまう、磨いていたのになることがないと個人差によっても変わってくることがあるのです。
虫歯になる原因として虫歯菌が口の中に生息してそれが歯に害を与えてしまうとされていますが、この菌自体は単独では悪さをしようとはせず、口の中に入ってくる食べ物の残りカスを取り込みプラークというものを形成します。
このプラークが虫歯にしてしまう最大の原因であり、酸を出して歯を溶かしていってしまいます。
溶かされてしまうと歯の中に菌が侵入してしまいやすくなり、中で感染して炎症を起こしてしまいます。

そのため虫歯にならないようにするためには菌ではなく、プラーク自体をどうにかしなければならないということになるのです。
歯についたプラークは活動を終えるとそのまま歯石となり、それが更にプラークを溜めやすくする原因となります。
プラークをどうにかするには口に何か入れる原因となる食事の時と、歯の整備をするのに必須で予防の当たり前となっている歯磨きがポイントとなります。

実際に虫歯にならないようにするために食事と歯磨きで気をつけなければならないことは何でしょうか。


≪SPECIAL LINK≫
目が覚めた時にはインプラント治療が全て終わる全身麻酔施術も併せて行っている大阪の歯科です → インプラント 大阪